Tea for one

紅茶を飲みながらバラを見る、幸せなひと時

2019年イギリス旅・バイブリー⑥

また時間が空きましたがバイブリーの続きです。

 

 

1年かけて記事に残しています、、( ´∀` )

イギリスへは4回行きました。もう行く事は出来ないと思うので

大好きな国へ行った事は一生の思い出です。

このバイブリーに泊まったこともとても良かった事です。

多分、こんな静かで平和な美しい朝は二度と過ごせないと思っています。( ´∀` )

 

バイブリーの大きな道を教会の方へ歩いて行きます。

 

f:id:tangerinekun:20200706021715j:plain

この花は何て名前なのか、、花越しのアーリントン・ロウ。

f:id:tangerinekun:20200706022044j:plain

f:id:tangerinekun:20200706022123j:plain

コッツウォルズはやっぱりこの石ですよね。石の家。

f:id:tangerinekun:20200706022256j:plain

裏手が小高い丘になっていてそこへ階段があるみたいです。

f:id:tangerinekun:20200706022414j:plain

丘斜面にもバラが植えてあります。

f:id:tangerinekun:20200706022736j:plain

この小川が綺麗なんです。

f:id:tangerinekun:20200706022818j:plain

大きな建物が見えています。

f:id:tangerinekun:20200706022911j:plain

大きなお屋敷の入口みたいな、、、。後から分かりましたが、マナー・ハウスみたいですね。

f:id:tangerinekun:20200706023812j:plain

村の教会がありました。なんとスタンダード仕立てのバラが一杯植えてあります。

f:id:tangerinekun:20200706024028j:plain

St'MARY教会。

f:id:tangerinekun:20200706024131j:plain

まだ道を進んでいきます。

f:id:tangerinekun:20200706024216j:plain

f:id:tangerinekun:20200706024324j:plain

垣根も石ですね、、。

 

皆さんお気づきでしょうか?

この田舎でも電柱は有りませんね。西洋では早くから電線を埋め込んでいたんですね。

その為景観が良いですよね。

日本は戦後復興を大急ぎでしたから景観どころでは無かったんでしょうが。

今新しい街では埋め込み式も多いと思いますが、

断然景観は優れていますよね。

 

写真が多くなりますが、今回で終わらせたいので最後まで行きます。

 

f:id:tangerinekun:20200706090458j:plain

殆どの家にバラが植えてありますね。

f:id:tangerinekun:20200706090547j:plain

f:id:tangerinekun:20200706090628j:plain

f:id:tangerinekun:20200706090654j:plain

この辺りは村の外れで隣は草原って感じです。

f:id:tangerinekun:20200706090757j:plain

バラがあって普通というか、そんなお国柄ですね。日本との違いがありますよね。

 

f:id:tangerinekun:20200706090830j:plain

f:id:tangerinekun:20200706090938j:plain

バイブリーの朝の散歩はこれで終わりです。

 

次回に着いてすぐに散歩した時のスマホの画像を残したいと思います。

場所はパブの向かいの丘の方です。

バラの手入れは終わりなき

www.youtube.com

これは映画「ギター弾きの恋」の曲。好きな映画です。

昨日映画「Mother」を観たいと思って今日朝一で行こうと考えていましたが、

やっぱり安くなった日に行こう、と思い直しました。

最近映画を観る事が少なくなって、、、その分バラの手入れをしていると思うんですよね( ´∀` )

ネットで観れる映画を探していて久し振りに観ても良いかな、、って思う映画です。

 

バラ達は2番花か返り咲きか、咲いています。ちょっとだけ。

f:id:tangerinekun:20200704173853j:plain

ジェームズ・L・オースチン

うどん粉に弱いけどいつも綺麗に咲いてくれる美しいバラ。

f:id:tangerinekun:20200704174036j:plain

この色が中々出なくて。色合いも素敵なんです。

f:id:tangerinekun:20200704174222j:plain

グラハム・トーマス。高い所にあるんで好きに咲いています。

f:id:tangerinekun:20200704174337j:plain

アンブリッジ・ローズはずっと摘蕾していたんですが、今度何個か咲かせてみようと思います。

 

赤玉土とか使い切ってしまって買わなきゃいけませんが、どうしようかな。

使わなくていいくらいにバラ達が調子が良いと良いのですが。

 

f:id:tangerinekun:20200704174754j:plain

ジ・オルブライトン・ランブラー。

ほんとに小さな花なのに巻き巻き。とっても可愛いバラです。

f:id:tangerinekun:20200704174934j:plain

少しピンクが入るともっと可愛い。

 

どうしたものかな~と思っているのがこちら。

f:id:tangerinekun:20200704175117j:plain

まほろばのシュート。超高く伸びる。それに太い。これ誘引出来るのでしょうか?心配です。

f:id:tangerinekun:20200704175423j:plain

ERばかり育てていたので和バラの元気良さにびっくりです。

それぞれに良さがありますね。

試してみるもんです。

 

 

変だなと思った時はすぐ行動!(ジェントル・ハーマイオニー)

28日に書き溜めています。

 

本当はこれしたくなかったんです。お疲れ気味なので( ´∀` )

でもね、早くしなきゃ、、と先延ばししていたので一気に終わらせました。

 

f:id:tangerinekun:20200628152049j:plain

春のジェントル・ハーマイオニーの花。

ふんわりとしたマシュマロみたいな花でミルラ香のハーマイオニーはちょっと

控えめで目立たない存在ですが私は好きなんです。

とても丈夫なので^^。

うどん粉も黒星もあまり罹りません。

この春はまぁ普通に咲いたと思うんですが、花後シュートもサイドも全く出無い。

新しい枝が欲しい処なんだけど、、、と、かなり枝を切りました。

それでも出ないのでもっと切りました。

でも出ません。??これはきっと何かあるな。

残った枝には芽吹いて蕾も付けますが、私はこの横張樹形をどうにかしたいし新しい枝が出て欲しいんです!

 

f:id:tangerinekun:20200628153120j:plain

作業中にて汚れた写真なのですが。

右鉢から左鉢へサイズダウンしようとしています。

取り出したら、根は有ります、小さくしたいので土を取りたいんですが、(入りませんからね。)土が根に絡まってびくともしないくらいです。時間をかけて優しく解していき、、、、、、、

出ましたね。これ。

f:id:tangerinekun:20200628154206j:plain

癌腫2ケ。長さ4センチほど。

何だか、中が固くてこれだと根が元気にならないな、、、と頑張って解して良かったです。

確か2018年の秋に迎えて去年の12月には土を替えているはずなんですが、きっと中まではせず、取り出してぱっぱっとしたんでしょうね~。

案外中心部が硬く固まっていました。

 

f:id:tangerinekun:20200628155030j:plain

解した株と鉢に入れる土。

 

勢いを感じないバラだった訳がはっきりして良かったです。

変だな、、と感じた時は確かめるのが一番ですね。

 

f:id:tangerinekun:20200628160813j:plain

今年はバラをまだ枯らしていないので、

この調子で行って欲しいのですが、今からが夏本番ですからね、、、。

今日は消毒するのにいい日だったのですが、体力的に無理。

今度の休みにします。

f:id:tangerinekun:20200628161055j:plain返り咲きしたグラハム・トーマス。

 

それと今年はバラを買いたい!と思いません。

置く場所が本当になくなったので当たり前なんですが。

枯らしていないのと流石にお世話疲れ、、だと思うんですね( ´∀` )

f:id:tangerinekun:20200628161344j:plain

夏本番に向けて体力温存しとかなきゃ!です。